教員紹介

NO IMAGE

遠藤 明 えんどう あきら

  • 英語表記 Akira ENDO
  • 職名 准教授
  • 所属 弘前大学 農学生命科学部 地域環境工学科
  • 専門分野 農地環境工学
  • email aendo777 [at] hirosaki-u.ac.jp
  • 研究者総覧 遠藤 明
  • ホームページ

※メールアドレスは [at] を @ に変えてください。

メッセージ

大学を卒業して20年以上経ちますが「学生のあの時にきちんと○○をしておけば良かった」と今更ながらに感じることが多くなりました。皆さんが授業を受講している中で「無駄」とか「役立たない」と感じることがあるかもしれませんが、1つ1つの授業科目の内容は、わずか半年や1年の超短期間でものにできるほどの中途半端に易しいものではありません。また、サークルなどの課外活動、アルバイト・ボランティアなどの社会活動でも、様々な内容・専門がありその道のプロや達人がいます。勉強でも趣味でも同じことが言えると思いますが、上達したり極めたりするためには、それ相応の努力と期間を要します。私自身は何も極めていないので学生に対して「極めなさい」とは言えませんが、せめて、何か好きなことを見つけて一度実行したら、飽きることなく、中途半端にせず、言い訳して諦めることなく一貫・継続して欲しいと願っています。【 教育者総覧 】

研究テーマ

1. 樹園地における窒素循環機構の解明
青森県津軽地域のリンゴ園を対象に、果樹成育と土壌環境面の双方の観点から推奨できる施肥体系や土壌管理技術を確立することを目標にして、樹園地の窒素循環機構の詳細を明らにしようとしています。最近では、融雪にともなう降下浸透水が樹園地土壌中の無機態窒素(NH4-NとNO3-N)の浸透流出(溶脱)挙動や農地周辺環境に対して及ぼす影響に着目して研究を進めています。

2. ナガイモ作付け畑地の土壌物理性の改良
青森県上北地域(十和田市周辺)および西北地域(つがる市周辺)の普通畑において高品質なナガイモを生産するための「良い畑地の条件」を探索するために、最近では、明渠および暗渠敷設による畑地の排水性向上の観点から研究を行っています。

3. 東北地方太平洋沖地震の津波により浸水した塩害農地・地下水水質の改良
 青森県三八地方の太平洋沿岸における塩害農地土壌と塩分濃度が高い地下水水質を改善することを目的に、2011年6月より研究を進めています。2014年頃からは地下水のNa+やCl濃度が農作物栽培に関する水質基準値を下回ることが多くなったものの、依然として安定した水質が認められないことから、現在でも2ヶ月に1~2回の頻度で青森県三八地域沿岸部の地下水水質のモニタリングを行っています。

青森県八戸市内の津波被災農地における土壌採取の様子(2016.06.15)

青森県弘前市内の褐色森林土リンゴ園での土壌間隙水採取の様子(2016.10.08)

青森県つがる市内のナガイモ畑試験区における多灌水処理の様子(2016.09.03)

 

 

略歴

1998年 岩手大学 農学部 農業生産環境工学科 地域環境工学専修卒業

2004年 岩手大学大学院 連合農学研究科 生物環境科学専攻 博士課程修了

2011年 弘前大学 農学生命科学部 地域環境工学科 助教

2013年 弘前大学 農学生命科学部 地域環境工学科 准教授 現在に至る(詳細はこちら

【 所属学会 】 農業農村工学会、土壌物理学会

業績

【  最近の論文 】  詳細はこちら

A. Endo (2022): Soil water and solute transport in an Andosol apple orchard including the dormancy period in a snowy cold region, Computers and Electronics in Agriculture, 201, 107327.

遠藤 明,今川 貢,上平章弘,杉山憲雄 (2022): 黒ボク土のナガイモ作付け畑圃場における成育期間中の土壌水分と土壌間隙水の電気伝導度の経日変化の特徴,農業農村工学会論文集,90(1),II_1-II_8.

遠藤 明 (2021): 青森県太平洋沿岸地域の津波被災農地周辺における地下水水質の特徴 ―東北地方太平洋沖地震の津波により被災した農地周辺における10年間の地下水水質挙動―,農業農村工学会論文集,89(2),IV_9-IV_12.

遠藤 明 (2021): 積雪寒冷地のリンゴ園地における休眠期間を含めた年間土壌間隙水質の特徴,農業農村工学会論文集,89(2),I_251-I_258.

○遠藤 明 (2021): 積雪寒冷地の礫質褐色森林土のリンゴ園における土壌環境の周年変化 ―フィールドモニタリングシステムを用いた樹園地の土壌水分・EC・地温の各種環境形成過程の把握―,農業農村工学会論文集,89(2),I_243-I_250.

○加藤千尋,遠藤 明,伊藤大雄,石田祐宣 (2021): 気温および大気中二酸化炭素濃度の上昇が津軽地域リンゴ園における土中CO2動態におよぼす影響,土壌の物理性,149,37-46.

【 最近の学会発表 】  詳細はこちら

遠藤 明:青森県太平洋沿岸地域の津波被災農地周辺における地下水水質の経年変化,2022年度農業農村工学会大会講演会,5-25(P),2022年8月30日~9月1日(ポスター)

○上田 翔,叶 旭君,遠藤 ,張 樹槐:低コスト分光センサによるトマトの葉中窒素栄養状態の非破壊推定,令和4年度農業食料工学会東北支部大会,2022年8月23日(口頭)

遠藤 明:礫質褐色森林土のリンゴ園地における土壌水分・EC・地温の周年変化の特徴,2021年度農業農村工学会大会講演要旨集,5-53(P),2021年8月31日~9月2日(ポスター)

○Kato, C., A. Endo, D. Ito, S. Ishida: Effects of elevated air temperature and CO2 concentration on soil CO2 dynamics in an apple orchard, Japan Geoscience Union Meeting 2021, AGE27-P11, 2021年6月3日(オンライン)

遠藤 明,今川 貢,上平章弘,杉山憲雄,加藤千尋,佐々木長市:青森県内の黒ボク土のナガイモ畑における作付け期間中の土壌水分移動の特徴,2020年度農業農村工学会東北支部研究発表会講演要旨集,68-69,オンライン,2020年11月9~22日(口頭)

研究室・ゼミ

当ゼミは農地工学分野の研究室であり、3年次後期に研究室配属された学生は、月に2~3回のゼミを通じて、上記1.~3.に関する研究を軸に、実際に現場で生じている問題点を見つけ、後に行う卒業研究や修士論文研究に結び付けていきます。最近では津軽地域のリンゴ園やナガイモ畑などのフィールド調査だけではなく、畑の土壌理化学性を理解するための室内試験や、差分法や有限要素法を用いた数値解析を通じて,農地土壌中の物質移動現象の理解を深めています。青森県内の「農地」を対象に研究を行っている性質上、生産者・県担当者・農協担当者と接する機会が多く、指導教員以外の専門家からもフィールドで様々なことを学ぶことができます。卒業研究だけではもの足らず、研究をさらに進めていきたい人は、大学院修士課程に進学することが可能です。青森県内や世界の農地の諸問題の解決に向けて一緒に研究しませんか?最近の現地調査やイベントの様子を教育用ホームページに随時掲載しています。

3年生の研究室配属の歓迎会(2016.11.04)

積雪期間中の弘前市内のリンゴ園における土壌水分計測の様子(2017.01.28)

4年生の研究室追い出しコンパ(2017.03.03)

収穫時期の鶴田町内におけるリンゴ園での土壌間隙水採取の様子(2016.10.22)

佐々木ゼミ・加藤(千)ゼミと弘前公園で合同の花見(2017.04.25)

藤崎農場リンゴ園施肥試験区での施肥(基肥)の様子(2017.04.11)

4年生の研究室追い出しコンパ(2018.03.03)

乳井神社の夜宮とリンゴ農家さん宅での宴会に参加(2017.08.02)

藤崎農場リンゴ園での土壌水分計測の様子(2017.06.20)

十和田市内のナガイモ畑の土壌調査の様子(2017.05.20)

山中のリンゴ園までカンジキを履いて山登り+土壌間隙水採取(2018.03.03)

百沢スキー場でのスノーボード(2018.02.10)

 

 

 

 

キーワード : 塩害農地の除塩,リンゴ園,窒素循環,ナガイモ畑の土壌物理性改良
2022年9月29日 更新

遠藤 明 Array

ページの先頭へ戻る