【プレスリリース】地形・地質・歴史といった視点から見た津軽十二湖の再発見(地域環境工学科 鄒 青穎助教,檜垣大助名誉教授ら研究グループ)

鄒 青穎助教(地域環境工学科)と檜垣大助名誉教授らの研究グループは,地盤の電気抵抗探査によって解析し,津軽国定公園「十二湖」の湖沼が,地すべりによる河川の堰き止めでできたことを明らかにしました。

この成果は,令和3年5月25日に日本地すべり学会誌に掲載されました。

 

詳細はこちら

日本地すべり学会

ページの先頭へ戻る