弘前大学農学生命科学部 受験生応援ページ

新着情報Information

ニュース 2024.02.19
【プレスリリース】6000年の人為淘汰:栽培菱の起源について(食料資源学科 石川 隆二 教授)
ニュース 2024.02.19
東奥日報 令和6年2月8日(木)掲載記事『赤ビーツ甘酒で手軽に栄養摂取 -スーパーカケモと弘大 共同開発-』前多 隼人 准教授(食料資源学科)
ニュース 2024.02.19
河北新報ONLINE 令和6年2月6日(火)掲載記事『弘前⼤学と株式会社スーパーカケモが「⼗和⽥野菜組曲 ビーツの⽢酒」を共同で開発 』前多 隼人 准教授(食料資源学科)
ニュース 2024.02.19
陸奥新報 令和6年2月5日(月)掲載記事『白神の生き物探求を -社会人対象,新年度にプログラム開始』中村 剛之 教授(本学部附属白神自然環境研究センター)
ニュース 2024.02.16
陸奥新報 令和6年1月28日(日)掲載記事『24時間で動植物1006種 -昨年初開催「白神バイオブリッツ」の成果報告会-』
ニュース 2024.02.16
陸奥新報 令和6年2月2日(金)掲載記事『県産ビーツで甘酒 -弘大と十和田のスーパー開発-』前多 隼人 准教授(食料資源学科)
ニュース 2024.02.16
陸奥新報 令和6年1月24日(水)掲載記事『リンゴ搾りかすの抽出成分「セラミド」 記憶障害改善の可能性』中島 晶 教授・前多 隼人准教授(食料資源学科)
ニュース 2024.02.08
【プレスリリース】モモコフキアブラムシによるフィールド展開 —ワックスを用いたニッチ構築—(前 弘前大学准教授 山尾 僚 氏 研究グループ)
ニュース 2024.02.02
【プレスリリース】青森県産赤ビーツの新しい加工食品 「十和田野菜組曲 ビーツの甘酒」販売開始 – 前多 隼人 准教授(食料資源学科)
トピックス 2024.01.30
【最終講義のご案内】吉田 孝 教授(分子生命科学科)・佐々木 長市 教授(地域環境工学科)

一覧を見る

学科紹介DEPARTMENTS

生物学科

生物の多様な生命現象の研究に打ち込める北東北で唯一の生物学科です。研究者の養成はもとより、理科教育・環境行政・農林水産業の発展を担う「生き物を科学的に見る目を持った」人材の育成に努めます。

分子生命科学科

生命現象の解明とその新技術への応用、未知の生物機能の解明およびそれを利用した新たな薬剤の開発、生物由来の資源の開発および有効利用に関する研究を行っています。

食料資源学科

バイオテクノロジーによる食料資源の開発や改良、食品の機能性評価や食の安全性に関わる技術の開発、環境に調和した食料資源の生産に関わる技術の開発などに取り組みます。

国際園芸農学科

海外研修などを通して世界の食料生産や流通について学びます。世界で行われている農業生産領域や食と農業をめぐる課題を多面的・総合的・実学的・国際的に把握できる人材を育成します。

地域環境工学科

工学の目からみた“地域づくり”と農学の目からみた“地域環境の整備・保全”を考える弘前大学で唯一の土木系学科です。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応について

ピックアップPICKUP